トップページへ



「聞かれるかもしれない100問」すべて添削します

*「一問一答添削講座」への入会時に、「面接の過去問260 ポイント解説&添削事例(保護者編約160問、子ども編約100問)」をお送りします。それを参考にして、保護者(親子)面接時に「聞かれるかもしれない100問」の回答文案をお送りください。全問添削します。

入会ご希望は こちらへ
 
Q本校を志望された理由をお聞かせください

★答え方のポイント
*受験校のホームページからの抜粋のような志望理由だと、「合格しても入学する気のない受験者」と誤解されます。お子さんの成績が合格圏内に入っていても、志望理由の曖昧さがお子さんの足を引っ張ることもあります。
*母親が考えた志望理由を父親が丸暗記して答えた場合、父親の志望校に対する熱意に疑問符がつくことは覚悟してください。
*志望理由に「父親の視点」がどれくらい盛り込まれているか。父親の熱意や本気度を示すバロメーターにもなります。
*父親の役割は「志望理由を決める」、この一点に尽きると言っても過言ではありません。合否は志望理由で決まるぐらいに重視してください 。

添削の前に
添削の前に・・父親への2つ3つの質問が合否を左右する

添削事例その2
(原文)娘には優しさと知性を兼ね備えた女性になって欲しいと育ててまいりました。最近、90歳で亡くなった娘の祖父が「私の動かない右手を布団の中に入れてそっとふとんを掛け直してくれた」ことを生前病床で嬉しそうに話しておりました。心のやさしい、おもいやりのある子に育ったと喜びを感じております。私共は娘の小さな良い所を大切に育てたいと考え、小中高生活を「愛と奉仕の精神」を掲げられておられる御校で勉学をご指導いただけたらと、この度出願いたしました。
(添削)
*やさしく、思いやりにあふれたお子さんであることはわかりますが、多くの受験者が同じようなことを書いてくるとおもいます。「やさしさ」「おもいやり」だけでは面接官の印象に残りません。
*受験校(園)のどこがよかったのか、わが子を通わせたいとおもったキメ手はなんだったのか、その辺が曖昧です。学校研究が不十分と誤解されます。

 
Q(母親に対して)お父様のお話に何か付け加えることはありますか

★答え方のポイント
*志望理由は父親だけでなく母親も質問されます。両親の考え方が一緒かどうかを知るためです。
*父親の考え方と一緒であることを念押ししたうえで、あえて付け加えれば・・具体的に、ここがよかったから志願したと答えてください。

添削事例
「母親の面接一問一答添削事例」(その1)をご参照ください。

 
Q志望理由に関して、願書に書かれたことに付け加えることはありますか

★答え方のポイント
*父親が答えた志望理由が抽象的な場合、あるいは志望校の研究不足が明らかな場合、補充質問が出ます。「本校の教育方針の特徴を3つお話し下さい」「わが子を通わせたいとおもったキメ手はなんでしょうか」などの再質問に備えてください。

 
Q学校説明会にはご参加いただけましたか
Q本校の行事のどれに参加しましたか、感想をお聞かせ下さい

★答え方のポイント
*父親に対して、学校説明会に出席したかどうかを聞いています。出席したのは今年だけか、その他の学校行事のどれに出席したのかを具体的に答えてください。その上で、感想を述べます。学校説明会への父親の出席は不可欠とおもってください。保護者面接への父親の欠席はかなりのマイナス要因になることを覚悟してください。
*父親が聞かれたばあい、「父親らしい視点」を盛り込むのがポイントです

 
Q本校にお子さんを通わせたいとおもったキメ手はなんでしょうか
★答え方のポイント
*願書の志望理由が抽象的な場合、この質問が出ます。志望校の理解がどの程度のものか疑問符がついています。具体的に2つ3つ答える必要があります。
 
Q他校は受験しますか、どこを受験しますか
Q本校は第一志望ですか
Q国立大学附属小学校を受験されますか、合格したらどうしますか

★答え方のポイント
*「どこを受験するか」と聞かれたら、実際に受験する学校を1〜2校を答えたうえで、「御校が第一志望です」と念押しをしてください。
*「本校は第一志望ですか」と聞かれたら、明確に「御校が第一志望です」と答えてください。これはマナーと割り切ってください。
*国立大学附属小に関しては、記念受験のつもりだったら、受験しないと答えてもいいでしょう。

 
Q校長の話はどんな印象をもちましたか
★答え方のポイント
*校長の話のなかで、共感した箇所、印象につよく残った言葉を添えることがポイントです。
 
Q本校を知ったきっかけは何ですか
Q本校の受験をいつ頃からお考えでしたか
★答え方のポイント
*「(本校を)知ったきっかけ」「受験をいつから考えたか」。この質問のポイントは、その後、どんな準備をしたかです。
 
Q本校の教育方針について、どうお考えですか
Q本校の教育方針の特徴を3つあげてください
Q本校のどういう点がお子さんに合うとお考えですか
★答え方のポイント
*この質問が出るときは、受験校の教育方針を十分に理解していないのではないかとおもわれた場合です。志望校は、明らかに「荒削りの子ども」「小さくまとまっていない子ども」が向いているのに、「他者への愛とおもいやりにあふれた」とか「世のため人のために貢献できる生き方」などと強調されると、教育方針が理解できていないと判断されます。このケースが意外と多いのです。注意してください。
 
Qこの場で本校の良さをお子さんに説明してください

★答え方のポイント
*家で練習したときは、父と子の言葉のキャッチボールがスムースにできたとしても、実際の面接では、お子さんはほとんどしゃべりません。お父さんが家で練習したようにもっとしゃべりなさいと言っても、お子さんはうなずくだけとなります。「はい」「いいえ」など一語で答えられない質問をお子さんに投げかけることがコツです。もう一つは、この試験は、子どもがいっぱいしゃべったほうが点数はいいとお子さんに説明してあげてください。聞き分けのできる年齢です。

 


「100問100答添削」ポイント&添削事例 保護者編その1
「100問100答添削」ポイント&添削事例 保護者編その2
「100問100答添削」ポイント&添削事例 保護者編その3
「100問100答添削」ポイント&添削事例 保護者編その4
「100問100答添削」ポイント&添削事例 保護者編その5
「100問100答添削」ポイント&添削事例 子ども編その1
「100問100答添削」ポイント&添削事例 子ども編その2
「100問100答添削」ポイント&添削事例 子ども編その3